ワキガになる原因とは?



ワキガ対策をするには一体どうすればいいのか?

気になる脇のニオイを対策するには、やはり何が原因を知っておく必要があります。

ニオイの原因を知った上でワキガの対策を行うようにしましょう。


ワキガになる原因とは?


先ず、ワキガと言うのは、汗腺の種類が深く関係しています。

人の体には・・・

・エクリン汗腺

・アポクリン汗腺

・皮脂腺


この3種類の汗腺があります。

この中のアポクリン汗腺から発生する汗と言うのが、ワキガの原因になるわけです。

その人によっては、アポクリン汗腺の数が多かったり、また、分泌される汗の量が多い人がいますが、そのような場合にワキガが発生します。


なので、誰でもワキガになる訳ではありません。

その条件に該当しているよう人が、ワキガになるリスクが高くなると言う事です。

ちなみにアポクリン汗腺は、ワキだけではありません。

その他にも陰部などにも存在します。

ですので、ワキだけを対策するというのではなく、脇以外で臭うところもしっかりとケアをしなければいけません。

アポクリン汗腺から出る汗と言うのは、普通の汗とは異なり、脂肪やタンパク質が含まれています。

この汗にはニオイはないのですが、雑菌と混ざることで悪臭を発生させてしまいます。

つまり、対策するには雑菌が繁殖しないように気をつければ、ニオイを大幅に軽減できると言う事です。



食生活の見直しが重要なポイント!


では、具体的にワキガ対策をするにはどうすればいいのか?

どうすすれば脇のニオイがなくなり対策ができるのか?

ワキガの場合は、遺伝的な要素もあるのですが、その他にもあります。

それは何かと言うと食生活の乱れです。

上記で書いた通り、アポクリン汗腺から出る汗は、脂肪やタンパク質が含まれます。

と言うことは、ワキガは食べ物と大きな関係があると言う事になります。

食の欧米化に伴い、日本人のワキガは増えている傾向にあります。

ご存じの方もいると思いますが、肉を良く食べるアメリカ人は、ワキガの人が多いと言いますよね。

つまり、主に肉食が中心であまり野菜を食べない食生活がいけないと言う事です。

お肉を食べると、動物性たんぱく質や動物性脂質を摂取することになります。

あまりに多くの動物性たんぱく質や動物性脂質を摂取してしまえば、アポクリン腺の分泌が活発になりますので、それで臭いが強くなってしまいワキガになってしまうわけですね。

ですので、脇のニオイをなくしたい!ワキガ対策をしたい!と言う方は、先ずは、食生活の見直しから行ってみてください。



ワキガは完治するのか?


そもそもワキガ対策をして完治するのかどうか?

特に症状が酷いような方は、自分で対策してもあまり効果がないのも事実です。

そんな人は、病院で適切な治療を受けることで完治することができます。

治療や手術にもいくつかあるのですが、ワキガを完治させる場合はアポクリン汗腺を取り除く手術が行われます。

ワキガの原因がアポクリン汗腺にあるので、この汗腺を取り除く対策をすることで、臭いがなくなります。


手術は難しい?


では、単純にその手術を行う対策をとれば、いいのではと思ってしまいますが、このアポクリン汗腺を除去する手術と言うのは、そんなに簡単なものではないんです。

手術でアポクリン汗腺を全て取り除くことができればいいのですが、医師の技術が低い場合は、アポクリン汗腺が残ることがあります。

また、術後に再発する人もいるのですが、これはアポクリン汗腺が残っていたり、根の部分が取り切れていないことが原因になるんですね。

つまり、手術では、医師の腕次第ということになります。


信頼できる病院で手術は受けるべき!


再発を防ぐと言う意味でも、信頼できる病院で手術を受けることが重要です。

ただ、手術は抵抗があると言う方が多いのも事実ですが、メスを使わない治療法もあります。

例えば、ボトックス注射やレーザー治療はメスを使いませんから、それほどリスクはありません。

自分でワキガ対策を行っても改善されないような方は、手術や治療を受けるのもいいかもしれません。

気になる方は、ネットで病院を探すようにしてみてください。



手術の費用はどれぐらいかかる?


ワキガ手術で気になるのが費用のことです。

一体どの位のお金がかかるのか?

注意しなければならないのは、保険が適用されるかどうかです。

保険が使える手術の場合、両脇で3万円〜4万円くらいはかかります。

もし、保険が使えない場合はどのぐらいかかるのか?

この場合一気に料金がアップするのがすが、10万円〜30万円くらいはします。


そして、病院によっても高かったり、安かったりしますので、あらかじめ費用のことも把握しておくことが大事です。

ちなみに保険が適用されるかどうかはワキガの度合いで決まるようです。

臭いがそれほど強くない場合は、保険が使えない可能性があり、保存療法を勧められます。

また、病院によってはワキガの手術自体を保険適用外となっているところもあります。

できれば、費用は抑えたいところですが、肝心なのは適切に手術や治療を行ってもらうことです。

できるだけ経験豊富な医師にお願いした方が成功率が高くなるということを覚えておきましょう。



ワキガを悪化させないためには?


ワキガ対策で手っ取り早いのは、上記でも書いた通り、腕の良い医師がいる病院で手術や治療を受けることです。

しかし、手術をするほどではない方が多いのも事実です。

そんな方は、自力でワキガ対策をするようにしてください。

では、これ以上症状を悪化させないためにはどうすればいいのか?

どんな事に気をつければいいのか解説します。


生活習慣の見直しが大事!


ワキガ対策として、重要なことは生活習慣の見直しです。

これは、健康全般に言える事なので、次の事を意識することが大事です。

例えば・・・

  • 食生活について

  • ホルモンバランスの乱れ

  • 入浴に関して

  • ストレスを溜めない

  • タバコは吸わない


栄養バランスが偏っている食生活というのはワキガが悪化するので第一に見直すべきポイントになります。

特にお肉など動物性タンパク質や脂質を多く摂取していると悪化しやすくなります。

次にホルモンバランスの乱れですが、これも悪化させる原因となってしまいます。

睡眠不足はホルモンバランスを乱してしまうもで、対策としては十分に睡眠時間を取ることです。

また、入浴によってはワキガを悪化させることもあるんです。

悪いのは、シャワーだけで入浴を済ましてしまう方です。

シャワーだけでは表面上の汚れしか落とすことができません。

体内の有害物質を排出させると言う意味でも浴槽に浸かるようにしてください。

そして、ストレスでも臭いが強くなると言われていますので、ストレスのない生活を心がけてください。

さらにタバコに関してですが、ニコチンはアポクリン腺を刺激させ、ワキガの臭いが強くなってしまいます。

もちろん、健康にも悪いので、対策のためにも禁煙することをお勧めします。

ワキガが気になると言う方は、これら生活習慣の見直し行いしっかりと対策しましょう。